♥家族みんなに愛された、りゅうちゃん

りゅうちゃんは2017年8月6日、虹の橋を渡りました。

家族みんなに愛されて、幸せな19年の生涯でした。

 

赤ちゃんの時にかじられた!!のが原因で

右耳が少しめくれているのと、

耳毛がいっぱい生えているという特徴があります。

 

りゅうちゃんのお写真を色々いただいたので、

お写真と並べて撮影してみました。

もう一つのチャームポイント!!

尻尾の付け根がふさふさなんです。

 

全身は、こんな感じに。

うちの猫、ななちーと記念撮影。

ななちーは女の子なので

りゅうちゃんが好きになったかも。

うちにはもう1匹黒猫がいますが

スケバンなので会わせられません。

 

 

 

 

実は、まだ作っている途中のりゅうちゃんを

モデルとして、羊毛フェルトの説明会に

出演してもらいました。

「可愛い!可愛い!」って大人気でした。

 

 

 

うんと愛されて

幸せだったりゅうちゃん。

いつまでも、いつまでも

かけがえのない大切な家族。

遺毛を左右のお耳の下に入れてあります。

到着後、飼い主様がこんなお写真を送ってくださいました。

本物りゅうちゃんのお気に入りの場所に置いてもらって、

ゴキゲンな羊毛フェルトりゅうちゃんです!

あら〜、ゴージャスな場所で随分リラックスしていますね〜

こういうお写真を送っていただくと本当に嬉しいです。

飼い主のT様ご家族に、感謝いたします。

♥ハンサムなネコ・ほまれちゃん

ほまれちゃんは、とってもかわいがられていた

ハンサムなネコちゃん。

大きな目と、ピンクのお鼻、

そして、野生のネコを思わせる尖った耳先。

さらに、それでいて上品な白い襟を思わせる胸元。

ネコの魅力満載ですね!!

本当に可愛いです。

 

残念ながら、ほまれちゃんは2017年8月29日に

5歳で虹の橋を渡ってしまいました。

 

ほまれちゃんのご家族の悲しみを

このミニほまれちゃんが、少しでも癒してくれますように!!

 

ほまれちゃんの、こーんなお写真があったので、

肉球の色も確認できました。

 

 

ほまれちゃんのお届けは、四十九日に間に合いました。

飼い主さんから、こんな四十九日のお写真を送っていただきました。

ほまれちゃんの大好きだったシラスもお供えして、

ご家族でほまれちゃんのことを偲んだ、とメールに書いてありました。

 

よかったね、ほまちゃん!

こんなにたくさんの美しいお花・・・

ご家族がどんなにほまちゃんが好きだったか

わかるね、ほまちゃん!!

お人形は『ミニほま』と呼ばれて、可愛がってもらっています。

 

こちらは、ほまれちゃん本人のお写真です。

天国に行っても、いつもお母さんたちのことを見ていてね。

ほまれちゃん、本当にありがとう!!

その後、ミニホマちゃんは、旅行に連れて行ってもらったそうです。

生前はお家の中にいたホマちゃん。

きっと外の世界にびっくりしているでしょうね。

♥手乗りサイズの白い猫、チャマちゃん

チャマちゃんの飼い主さんは、他にも複数のニャン達を

お世話していらっしゃるそうです。

チャマちゃんも、とても可愛がってもらっていたのに

2017年の秋、お星様になってしまいました。

悲しんでいる飼い主さんを元気づけようと

お友達が、内緒でオーダーしてくださいました。

内緒だったので写真がほとんどなかったのですが

なんとか完成しました。

喜んでいただけたと聞いて、本当にホッといたしました!!

チャマちゃんのお顔は、飼い主さんを見つめているように

作りました。

きっと、お星様になったチャマちゃんは

「大好きだったよ、幸せだったよ、

ありがとうございました!!」って

そんな風に言っていると思います。

 

いつまでも、いつまでも、みんなの心の中に!!

♥まん丸お顔のドラえもんちゃん

ドラえもんちゃんは、まん丸お顔の可愛い猫ちゃん。

でも腎臓疾患で亡くなってしまったので

最近のお写真の中では、お顔もほっそりしていました。

飼い主さんのイメージの、まあるいお顔のドラえもんちゃんにしました。

 

ドラえもんちゃんだけでなく

亡くなった後では写真も撮れませんから

わかりにくいお写真しかない場合も多いです。

でも、飼い主さんにお聞きしながら、できるだけ

飼い主さんのイメージに近づけたいと思っています。

羊毛フェルトドラえもんちゃんの大きさは

胸からお尻までがだいたい30センチくらい。

目はスワロフスキーと絵を組み合わせたオリジナルです。

猫の目の作り方は、その都度工夫して変えています。

最後に、本人のお写真です。

ドラちゃん・・・・

優しい飼い主さんの心の中に、いつまでも!!