プロフィール

音楽、絵、そしてニードルフェルト・・・心のなごむ創作活動

中学生の頃から演奏活動を始めていた私ですが、それと同時に

幼い頃から大好きな犬や猫、動物の絵を描くのが大好きでした。

 

今も変わらず、自分の大好きなものを描いたり作ったりしていると

いつの間にかニコニコしてしまっています。

 

大切な家族である犬や猫、そのしぐさや表情を

本当に心を込めて表現しています。

 

どんなに大好きでも

いつか別れの日がくる犬や猫、

過ぎ去っていく楽しい時間、

その一瞬をとどめておきたいという願いも込めて。

 

 30代で着物との出会いがあってからは着物に夢中。

そんな中で着物と絵のコラボも生まれました。

 

自分自身も、観る人もいやされるような作品を

いつまでも作り続けたいと思っています。

 

 

林かおる 羊毛フェルト作家、墨彩画家、音楽家

岡山県岡山市出身 1957年生まれ 鳥取県在住

 

岡山県立岡山朝日高校卒業後、京都インターナショナルデザインスクールで絵画の基礎を学ぶ。

立命館大学在学中から音楽活動を開始、関西のライブハウス、ホテルなどでジャズを中心にした

ピアノ弾き語り(ソロ・バンド)ライブを行う。

 

音楽活動を続けるうち日本的なものに強く惹かれるようになり、『俳画と墨絵の塾』

主宰・愛宕翠晃(おたぎすいこう)に師事。

 

1998年より、オリジナリティあふれる新しい墨彩画家として活動を開始。

着物や帯、和装小物、色紙、額絵、掛け軸、屏風、焼き物の絵付け、京都観光冊子の挿絵、年賀状の図案、

料理に添える絵などさまざまな作品を手がけ、東京、京都、岡山でのデパート展を始め、京都、奈良、

大阪、神戸、滋賀での個展、個展&ライブを行う。

 

2002年より病気と怪我で長期休養。

 

その後東京に転居、活動再開。

DTMを使ったBGM・CM音楽制作の作曲、演奏を手がける。(宇治源氏物語ミュージアム、おかめ納豆など)

ライブではピアノの弾き語りで、ジャズやポピュラーのスタンダード曲を演奏。

 

2015年に鳥取県倉吉市に転居。

クラリネットの佐々木道也、ベース&ギターの牧野隆一とトリオを結成、

ライブ活動を開始。

 

 

趣味は競走馬の応援。

好きな言葉は『末脚炸裂!(すえあしさくれつ)』

 

ブログはこちらです(Ameba)

http://ameblo.jp/seymour0410/

 

Facebook:林かおる

https://www.facebook.com/kaoru.hayashi.988